Dodaとリクルートキャリアを使ってみた感想【比較】

はい、どーも!

最近、転職活動のエージェントにリクルートキャリアとDODAの両方を利用してみました。

結論としてはDODAの方が個人的に好感触で、
DODAの方が良かったなーと思う点を思い出してみます。

 

「まずは◯◯社応募してみましょう!」の◯◯の数

 

リクルートキャリア: 30
DODA: 10

何と言っても、リクルートキャリアは数打ちゃ当たる、で活動をサポートしてくる感が強かったです。
その点、DODAは一社一社の精度を上げていくというサポートをしてくれた気がします。
DODAの担当者に「リクルートキャリアでは30応募した方が良い、って勧められました」と言ってみたら、
「そんなんしたら面接入り過ぎて訳わからなくなりますよ」って言われて、「ですよねw」となりました。

 

面接前の予行練習

 

というものがあり、企業との面接に行く前に事前にこんな感じで話そうと思ってる、というのをDODA担当者に添削してもらえます。(自分は利用しませんでしたが…) 「面接どうはなせばいいか分からん( T_T)」となってる場合はかなり頼れるサービスだと思います。リクルートキャリアも頼めば添削してくれるかも…?

 

ちょうど良い塩梅で進捗や意識確認の電話がかかってくる

 

これ、感じ方は人によるだろうし、付いてくれる担当者によってめちゃくちゃまちまちだとは思いますが、今回の僕のDODAの担当者の方はとても良い塩梅で連絡をくれました。
頻繁に電話かかってきても鬱陶しいし、電話あまりかかってこないと「気にかけてくれない…」という「恋人か」というツッコミが入るエージェントと転職希望者の人間関係、面白いですね。
リクルートキャリアは最初は熱心でしたが、時間が経つにつれてフェードアウトしていかれました。

 

2時面接前の企業についての予備情報提供の連絡

 

これ、今回めちゃ助かりました。
志望企業のDODAの担当者が、企業に関して結構細かい情報を電話でわざわざ提供してくれます。
その際にあらかじめ企業への疑問点等を質問して、企業に直接聞く前に疑問がクリアになったり等、面接の前に無限のアドバイスをくれます。
前回転職活動した際はWantedlyでエージェントを介さずやっていましたが、この企業についての予備情報提供をDODAからしてもらって、エージェントのありがたみをずっしり感じました。

リクルートキャリア経由では2時面接までいったものがなかったのでリクルートキャリアでもこういう事やってるかは不明です←

 

まとめ

 

DODA > リクルートキャリア
エージェントのサービス、年収の何パーセントかが成功報酬としてエージェントの懐に入るのが気にくわないので若干嫌煙してましたが、
やっぱり便利なサービスです。

〜おまけ〜
唯一、DODAの方が嫌だなと思ったのが、転職活動中、企業紹介メール(?)をどうやっても解除できないことでした。
リクルートキャリアは「メール全部来ないようにしてください」と頼んだら来なくなったのでそこはナイス。

Comments are closed.